薬剤師 パート 東京

ブランクがあってもOK

薬剤師の現場を離れて数年、家庭との両立を考え、パート薬剤師なら・・・と考えたものの、「ブランクがあることが不安」という元薬剤師は多いです。毎年新薬はたくさん創出されていますし、日々医療は進歩し、多様化しているので不安に思うのもっともなことですね。でも、安心してください。高齢化社会を向かえ、薬剤師の数は不足しているのが現状です。

 

ご存知のとおり、医薬品販売店には薬剤師の資格取得者が必ず必要です。そのため、薬剤師資格取得者のブランクはあまり注視されないことの方が多いんです。
もちろん、職を離れていた期間を取り戻す努力は必要ですし、正社員と同等にバリバリ働きたい!というのであればかなり努力する必要がありますが、その場合も大丈夫。「研修認定薬剤師制度」という制度があるからです。

 

「研修認定薬剤師制度」は、公益財団法人 日本薬剤師研修センターが運営する制度で、のべ1万人程の薬剤師が各種認定制度で認定を受けています。この制度は全ての薬剤師を対象に認定が受けられる制度で、現在、薬剤師として働いていてなくても利用することができます。もし復帰することに不安があるようなら、こういった制度を利用して自信をつけるもいいかもしれませんね。

 

パートからフルタイムへ

パート薬剤師

結婚、出産してからも復帰しやすいこともあって、薬剤師の資格を持つ人は女性が多いのも特徴ですね。

 

実際、子供が小さいうちはパートで働き、子供の成長とともにフルタイムへ変更する方も多いです。雇う側からしても、最初は短時間のパート勤務でも、数年たって仕事にも慣れてきたころにはフルタイムで働いてくれる可能性のあるパート薬剤師はありがたい存在なんです。ブランクがあることを足枷にせず、一歩踏み出してみませんか?